2017年06月26日

エコー写真



DSC_4843.JPG



着工目前に、少し変更があり、
予定がのびている様子の我が家...


早く工事が始まらないかなぁと
気を揉むところですが、
そんなことを言っていても仕方がないので
とりあえず部屋の片づけを少しずつ進めているところです。


そんな中で、ずっと引っかかっていたことを片づけました。


娘の母子手帳に挟まれていた
エコー写真たち...。


息子の時にははりきって、検診があるたびに
写真屋さんで印刷してもらい、アルバムに
貼ってコメントを書いていましたが、
娘の時には体調の悪さで、それどころではありませんでした。


エコー写真って、レシートのような紙に
印刷されているので、そのうち消えてしまうらしく、
写真にしてもらわなくてはならないのです。


それが手間で、ずっと『あ〜やらなきゃ。消えちゃう...。』
と思い続けてきました。


重い腰を一度あげれば、なんてことなく
終わるもの、なんですよね、何事も...。


写真を貼って、メッセージなどを添えて、
パパからのひと言も添えました。


へその緒と一緒に、何か素敵な箱に保管したいな
と思っている所です。


あ〜、とてもスッキリしました◎





posted by tokitama at 23:41| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

つぼみ



DSC_4828.JPG



先日、学校で育てている朝顔の
間引きを息子がしてきたので、
家で植え直しました。


スルスルとつるをのばして
あっという間に花の蕾をつけていて
息子と喜んだ今朝でした。


DSC_4823.jpg


ついでに学校でもらってきた種も
たくさん植えました。


どんどん葉っぱが増えていきます。
嬉しそうに息子が水をあげていました。


***


昨日、今日と麻央さんのニュースを見るたびに
涙が出てしまいます。


歳も、結婚した時期や出産した時期も近く、
幼い子供を育てているものとして、
とても他人事のように思えません。


公表されたことがきっかけとなり、
昨年、久しぶりに乳ガン検診を受けました。


家族にご飯を作れること、
子供のわがままを聞いてあげられること、
夫と喧嘩をしたり、仲直りしたり
毎日を一緒に過ごせること、
面倒だなとおもったり、イライラしたり
することさえも、尊いこと。


時間は有限だということをしっかりと胸に、
自分のするべきことを、一生懸命やっていきたいと
改めて強く思いました。




posted by tokitama at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

1歳8・9ヶ月のきろく



DSC_4745.JPG



娘、今日で1歳9ヶ月になりました。


先ほど着衣のまま体重をはかると10.7kg。


1歳半健診のころからあまり数字は増えていないのに
ここのところ、ググっと身体が大きく重たくなった感じがします。


ご飯もお菓子もよく食べるのはいいのですが
口にとにかく詰め込みすぎます。


次から次えと頬張って、最後に牛乳で流し込む...
というタイプで、我が家では娘を『関取』
息子を『新弟子』と呼ぶほど...(笑;)


私に叱られても、泣き出しそうなのを
ぐっと堪えて我慢...そして3秒後には
パッっと笑顔を見せてきます。


結局私もつられて笑顔になってしまいます。



DSC_4779.JPG



写真を撮られていることがわかると
↑こんなポーズです。







私が娘の歯磨きに手こずっていたら、
息子が娘に


『◯◯ちゃん、『いー』のおくちはこうだよ。
『あー』のおくちはこうするの!』


と教えてくれて、ちゃんと言うことを聞くようになったり、


たまに違う髪型にしてあげると
息子に見せに行って、褒めてもらったり...


娘の成長とともに、息子との関係も
兄妹らしく、仲良くなってきて
とても微笑ましいです。


もちろん、ケンカも時々していますが...。





DSC_4728.JPG


娘の成長とは関係ありませんが、
ここ最近、セブンのあんみつにハマっています。


時々すごく食べたくなります。


あんみつ、苦手だったんですが
なぜか急に美味しく感じるようになりました。


あんみつは、ひいおばあちゃんを思い出すお菓子。


小さい頃『あんみつでも食べにいきましょう』と、
何度かお店に一緒に行ったんだけど、
あんまり好きではなくて、ひいおばあちゃんが
ちょっとがっかりする...という思い出です。


今だったら喜んで食べに行けるのになぁ。


そして、ついでにアイスの季節になると
祖父が、たくさんのアイスを買ってくることを
思い出します。


でも、どのアイスもイマイチなもので
残念に思っていました。




ふたりが生きていた子供の頃が懐かしいです。





posted by tokitama at 14:24| Comment(0) | 娘のこと(1歳) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする